職務経歴書・履歴書対策

中高年は応募書類で明暗が分かれる!

 最近では中高年を対象とする求人がアップしたことは朗報です。

 

 ですが、優良な求人数が比例して増えているとは言い難く、内容によっては応募者が殺到するため、希望の転職を果たすには、それなりの準備が必要です。中高年が希望の転職を果たすためには、まず書類選考を通過し、面接に進むことが何より重要です。そのためには、企業の採用担当者が「会ってみたい」と思う、応募書類を作成する必要があります。

 

 では、応募書類である履歴書や職務経歴書を、どのように書いたらよいのでしょうか。一緒に考えてみましょう。

 

中高年の履歴書対策

 転職のための応募書類の筆頭は、履歴書です。履歴書は、自分のプロフィールを伝えるための書類です。

 

 職歴などの詳細は、職務経歴書で伝えられるので、まず相手が読みやすいように、楷書で丁寧に手書きすること、転職の志望動機や自己PRが応募企業のニーズにあっていることに重点を置き、記入するようにしましょう。そこで大事になるのが、自己分析と企業研究をきちんと行い、志望動機と自己PRを組み立てているかどうかです。

 

 企業が中高年を中途採用する前提として、即戦力となりうる専門スキルや実績を持っていることはもちろん、自分の会社になじんで働くことができるかも重視されています。企業が採用にあたって求めるニーズと、自分のアピールポイントがいかにマッチしているかを、論理的に具体的なエピソードを添えて説明していることが、履歴書を作成するうえで、一番のポイントになるのです。

 

 履歴書のスペースは限られていますが、内容に興味を持ってもらえれば、きちんと職務経歴書に目を通してもらえるので、手を抜かずにしっかり記入しましょう。

 

中高年の職務経歴書対策

 中高年でキャリアを積んでいると、職務経歴書が長くなってしまう傾向がありますが、転職活動でそれはマイナスになります。企業の採用担当者がチェックするポイントを理解して、A4版で2〜3枚に収まるように、簡潔に記載することを心がけましょう。

 

 職務経歴書で重視されるのは、これまでのどのような仕事の取り組み方をしてきたか、前職の退職理由や経緯、自社への応募動機、自社の求める人材に近いか、コミュニケーション能力や協調性、マネジメント能力、専門スキルを有しているかどうかです。
 そうした企業のポイントが、職能別に簡潔にまとまるように、職務経歴書を作成しましょう。

 

 その際、能力を客観視できるように、数値やオリジナルのエピソードを添えることを意識してください。

 

 また、職務経歴書は書式の指定がない場合がほとんどです。あなたのこれまでの経歴をわかりやすくレイアウトするのも重要な技術。代表的な書式として編年体式とキャリア式という2つの形式がありますので、あなたの経歴や企業に求められている要素に応じてどちらかを選択しましょう。

 

 

編年体式

時系列順で職歴を記載する、もっとも一般的な書式。古い順から書くのが無難だが、新しい年月のものから書いていく「逆編年体式」もある。

 

 

キャリア式

経験を職務分野別にまとめる書式。何が出来る人材なのか、どんな経験を積んできたのかがわかりやすい。職務経験が長い、もしくは転職回数の多い人におすすめ。

 

画像引用元:リクナビNEXT 初めての職務経歴書の書き方【編年体式とキャリア式】



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格