面接で決まる!?採用されるために知っておきたい3つのポイント

面接で決まる!?採用されるために知っておきたい3つのポイント

面接で決まる!?採用されるために知っておきたい3つのポイント

 

中高年だから意識したい!転職は面接官を見極めよ!
1.同じ返答でも立場で印象が変わる!

 中高年の転職は若者のそれと違って、調整力や交渉力、マネジメントスキルを求められるケースがほとんどです。そのため、面接応対での印象は採用の可否に大きな影響を与えます。

 

 そこで気を付けたいのが、「面接担当者の役職」です。一度の面接で、すべてがジャッジされるわけではないでしょうから、面接官の役職や立場にあった応対をすることを意識しましょう。

 

 

 

2.相手によってチェックポイントが異なる!

 では、面接官の立場によって異なる、チェックポイントについて考えてみましょう。

 

 

ここがポイント!

  • 主に一次面接に多い採用担当者の場合、専門分野のスキルや協調性、意欲をアピール
  •  

  • 主に二次面接に多い事業責任者の場合、採用後のミッションに対しての意欲と、業績をあげることに役立つキャリアをアピール
  •  

  • 最終面接に多い役員(経営者)の場合、会社の理念やビジョンに対する思い、業績をアップさせるための展望、社会的責任に対する考えをアピール

 

 面接官が一番グッとくるポイントを押さえて話をすれば、相手の心証が変わります。誰が相手でも、履歴書に書いてあることを繰り返し説明するだけでは、内定をいただくのは難しいでしょう。

 

ちなみに面接官はこのようなチェックシートを使って応募者を評価しています。

 

 

3.事前にシミュレーションしておこう

 こうした面接応対は、その場でいきなり対応するのは難しいものです。応募する企業の経営理念や業績、求められるスキルをきちんと研究し、面接での質問を想定し、回答を用意しておくとよいでしょう。

 

 ただし、セリフとして暗記しても熱意は伝わらないので、話し方の練習も必要です。

 

 

 

面接を攻略できれば、内定はすぐそこ!

 中高年の転職でも筆記試験を課すところが増えていますが、採用で重視されるのは面接です。面接官は、あなたのキャリアだけでなく、人間性を見極めるための質問を投げかけます。それは管理職としての採用が前提なので、仕方がないことです。

 

 身だしなみやマナー、礼儀に問題がないのは当たり前で、自分の気持ちをいかに真摯に伝えるかが大きなカギとなります。ぜひ実践して、内定をつかんでください。

 

 



トップに戻る 成功への道のり 転職体験集 お勧めの資格